« ボランティアの担当が…看護師さん♪ | トップページ | 病院内でのバンド活動♪ »

感染に関する意識の違い♪

病院内で感染のことに配慮する…というのは 当然のことですが、感染に対する 考え方や 対処の仕方は、病院によって 、あるいは 同じ病院でも 病棟によって、医療スタッフによって、様々だな…と よく感じています。
現在は、3病院の病院内学級に行ったり、NPOの活動で いろんな病院に伺うことがあるのですが、本当に様々です。

病院内学級の授業で、マスクをつけるのが必修の病院もあれば、特にマスクは つけなくても良い病院もあります。(インフルエンザの時期で 注意が必要な時や、耐性菌のお子さんの病室などに伺うような時は、病棟からの指示もあり、つけたりしますが)

移植部屋で 授業をする際には、イソジンで手洗いをすればOKなところもあれば、ミューズで洗えばOK、あるいは ゴジョーでプシュッとすれば OKなところもあります。

MRSAなどの 耐性菌のあるお子さんに接する際には、エプロンと手袋、マスクをして、終了後は ビニル袋に入れて 所定の場所に片付けますが、使用した楽器などは、病院でよく見かける 少しお高い 除菌ペーパーで拭けば OKというところが多いです。
が、使用した 楽器などは、マイペットを薄めた (病院の感染科がOKを出した) 液で 全てを拭かなければならない…という病院もあります。
マイペットは、お店でも よく見かけますが、こちらの方が 除菌ペーパーよりも 強力に菌をなくせるのだそうです。
で…、こちらの病院では、ESBL菌という耐性菌の検査もしていて、これに 当てはまるお子さんが 意外と…多いようで、この 病院内学級では、授業終了後は 子ども達が使った楽器、机、イスなど…全てを このマイペットを薄めた液で 拭かなくてはならないのです…。
もちろん、より清潔な環境を整えるのは必要なことですが、手が荒れる荒れる…。

結構 香りもきついので、体に良くない気がしますし、また違った意味で 使用する人は 気をつける必要があるのかな…?と思ったり…もしています。
手袋をはめるか、ペーパーをたくさん使って それに液をつけて拭いた方が良いのかな…と感じていますが、結局 (授業の合間は バタバタしていますし 手袋は あまり置いていないので) ペーパーで 色々拭いています。
で…結局 直に触れてしまうのですが…。
また、こちらの病院内学級では、数年前から 授業中は 外来で来たお子さんなどは 感染のことを配慮し、入室してはいけないことに 変わってしまいました。 そのため、外来の帰りに寄るお子さんが かなり減ったな…と感じています。
以前は、一緒に授業を受けていく お子さんが 時々いたのですが…。
もちろん、感染に気をつけることは、とても大切です。
でも、ん…何というか…その場に応じた 対応が 大切なような気がしています。

他病院の病院内学級では(病棟内に学校があるのですが) 、しょっちゅう 外来のお子さんが出入りしているところもあります。
もう一つの病院も、外来のたびに 顔を見せに来てくれるお子さんが 結構 います。

あまりに感染のことに対して、鈍感で…アバウト過ぎるのも困ってしまいますが、きっちりし過ぎて どこに焦点をおいているのか わからなく感じてしまうようなことは…避けなければならないかな…と個人的には思っています。
その度合いは難しいのですが、それもまた そのときの メンバー(病院内学級で 感染関連の係になっている先生や 同僚の方々)によって、病院によって、時期によって…変わるものなのかな…と思います。

ちょうど良い辺りを 上手くキャッチして、病棟との関係も良好に保ちつつ、子ども達や その御家族が安心して 過ごせるような環境作りを 心がけることが 大切なのかな…と思っています♪

|

« ボランティアの担当が…看護師さん♪ | トップページ | 病院内でのバンド活動♪ »

病気のこどもたちと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024733/66411225

この記事へのトラックバック一覧です: 感染に関する意識の違い♪:

« ボランティアの担当が…看護師さん♪ | トップページ | 病院内でのバンド活動♪ »