« 耳コピで喜んで下さいました ♪ | トップページ | がん臨床研究事業 公開シンポジウム♪ »

第4回 小児トータルケア研究会のお知らせ♪

2010年9月11日(土) 15:00~18:00、順天堂大学 10号館1階105にて 第4回 関東小児トータルケア研究会が行われます♪

テーマは、「在宅支援  ~病気の子どもが家庭で過ごすには~  」です。

また、第5回研究会は、同じく 順天堂大学6号館2階 第3カンファレンスルームにて、2011年2月26日(土)に行われます。

テーマは、「きょうだい支援」です。

これも とっても大切なテーマだなぁと思います。

私の通っている病院は、基本的には 就学前のお子さんは病棟に入ることができないのですが、 本当は いつでも 会いたいときに会うことができたら、良いのだろうになぁ・・・と思ってしまいます。

アメリカなどでは、きょうだいがお見舞いに行ったとき、一緒に過ごすことのできるスペースがあるようです。言葉で説明を受けるよりも、会って、ただ遊ぶだけで、ただそれだけで、色々なことを理解しやすくなるのではないでしょうか・・・?

とはいえ、自分の母親が いつも病院に行ってしまうと、寂しい思いや困ってしまうことが積み重なり、「どうして・・・」という思いが募ってくるはず。たくさんの不安や我慢、ストレスなどが 想像以上にあるのだろうなぁ・・・と思います。

何となく勘付いてはいても、いざ自分のきょうだい の病名を告知された時は、「やっぱり・・・」とか、「もっと早く教えてほしかったな・・・」とか、「自分が悪い子だから 何も教えてくれないのかなぁ・・・」などという、いろんな思いがあふれ出てきたというお話も伺ったことがあります。

逆に、告知を受けてから、きょうだい のために、 がんばりすぎてしまうこともあるようです。

甘えるべき時期に 甘えられないというのは、何だかとてもつらいものですよね・・・。

子どもの時期に、自分の感情を あまりにも抑えてこんでしまうと、心の健康にも きっとよくないでしょうし、成長の過程で あるいは大人になってから、 何かしらのカタチでそれが表れてくるのではないかなぁ・・・と思います。

がんばりすぎていたり、極端に甘えない状態になっていることに、周りも本人も 気付かずに過ごしてしまうことも 多いのではないでしょうか・・・?

子どもたちにとって より良い環境とは どんなものなのか、もっと深く考えていかなければいけないなぁと 改めて感じています。

とりあえず・・・

今年度は、早目に研究会の日程がわかったので、嬉しいです♪

今から楽しみです~!!!

いろんな職種の人が集まって、いろんな人が自分の考えを述べやすいような雰囲気だと良いなぁ~と思います♪

|

« 耳コピで喜んで下さいました ♪ | トップページ | がん臨床研究事業 公開シンポジウム♪ »

病気のこどもたちと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024733/34666081

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回 小児トータルケア研究会のお知らせ♪:

« 耳コピで喜んで下さいました ♪ | トップページ | がん臨床研究事業 公開シンポジウム♪ »