« 音楽フェスティバルの伴奏♪ | トップページ | フェスティバルを終えて♪ »

重度のお子さんの曲♪

私が通っている院内学級に、教具にスイッチを使うことで 有名な先生がいらしています。

3学期は、重度のお子さんの授業で、曲を作ったと伺いました。

スイッチとパソコンのソフトを繋げて、曲を作るのだそうです。

そのお子さんが押した瞬間の音を記譜していくので、とりあえずは 四分音符( ♩ こんな形で、1拍伸ばす音符) だけの曲となっていました。

「この音符の長さなどを変えて、曲を仕上げて頂けますか? きっと 本人も 保護者も 喜ぶと思います。」

と言われたので、曲を仕上げました~。

四分音符で並んでいる楽譜を見ていると、つい その通りに演奏したくなってしまいます。この長さで演奏しなくても良い・・・という風に頭を切り替えること、それから 自分の思う通りに音を動かせないのは、チョコっと難しかったです。

とはいえ、動きが決まっていると それに合う和音を探すしかないので、とても 勉強になりました!

完成した曲を聴いて頂き、こんな風になるんですね~!とおっしゃってくださる先生もいらしたので、それは 嬉しかったです♪

ただ、その音が本当にそのお子さんの意思によって出された音なのか・・・という点などについては、 少し疑問も感じています。

この点に関しては、お子さんの状況やケースにもよるので、本当に・・・ 難しいです。

でも、何もしないまま 学校生活を送っているよりは良いのだろうか・・・と考え始めると、また迷ってしまいます。

昨年度は、重度のお子さんの中にも 亡くなったお子さんがいました。そういう経験をする度、もっと新しい方法で 何かできないだろうか・・・、あるいはできなかっただろうか・・・と考えてしまうのです。

四肢麻痺のお子さんで、本人の意思を読み取るのが かなり難しいケースの場合、音楽を聴かせることや楽器にじかに触れてもらうことなどが 中心となってきます。

重度のお子さんの手足の動きなどは、痙攣や反射と考えられる場合も 少なくありませんが、もっと観察する力や状態を読み取る力を養えば、新しい視点で関わることができるのかもしれません。

大したことはできないと思いながらも、その時にできる精一杯のことを これからも実践していきたいなぁと思います♪

|

« 音楽フェスティバルの伴奏♪ | トップページ | フェスティバルを終えて♪ »

病気のこどもたちと」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024733/28909869

この記事へのトラックバック一覧です: 重度のお子さんの曲♪:

« 音楽フェスティバルの伴奏♪ | トップページ | フェスティバルを終えて♪ »