« 日本音楽療法学会にて♪ ~精神科領域~ | トップページ | 育療学会と音楽療法学会にて♪ ~高山先生のお話~ »

全盲となったお子さんのために♪

入院しているお子さんの中に、腫瘍摘出のため 全盲となったお子さんがいます。とっても音楽が好きで、歌も楽器演奏も すご~く上手なお子さんです。

まだ、小学生ですが 自分のおかれている状況についてお話してくれました。

『眼をとっちゃうと聞いた時は、・・・ 少し怖かったなぁ・・・。』 と言っていました。      この‘少し’の中にどれだけの思いが込められているのだろう・・・と思うと、胸が締め付けられるような気がします。大人だって怖いのに・・・。    やはり、手術前の心理的なケアや、本人が前向きな気持ちで手術に立ち向かえるような環境を整えてあげること というのは、本当に大切なのだと改めて感じています。 ・・・・・・・  大事なのですよ!! 本当に。

眼が見えなくなっても そのお子さんは、 上手にリコーダーを吹き、元気良く歌を歌います。でもそれは、今までに演奏したことがある曲、歌ったことがある曲です。

これから覚える曲・ これから 本人が覚えたい曲は、どうすれば良いのか・・・。

これが、これこそが 大事なのです~!

とりあえずは、本人が知らない曲を録音し、それを病棟などで時間のある時、聴いてもらうことにしました。とっても覚えるのが 早いお子さんなので♪

おそらく、これから点字なども学んでいくのかな・・・と思います。

全盲のお子さんと接するのが初めてという私は、もちろん点字も読めません・・・。 

以前 弱視のお子さんと接したことはあるのですが・・・。

全盲の方やお子さんと接する時、こんなことをすると良いですよ~とか、こんなことはどうかなぁ~?とか、点字を学ぶならこの本がお薦めです~ 等など、何でも良いので 教えていただけたら嬉しいなぁと思います♪

全盲となっても、明るく自分のことを話すような素敵なお子さんのために、少しでもより良い環境作りをしたいなぁと思うので。

もし何か思いつくような方がいらしたら・・・、よろしくお願いします♪

|

« 日本音楽療法学会にて♪ ~精神科領域~ | トップページ | 育療学会と音楽療法学会にて♪ ~高山先生のお話~ »

病気のこどもたちと」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、こちらには初コメントですね。いつもコメントして戴いてるのになかなかできなかったんで申し訳ないですsweat01

人間は視覚的動物と言われるほど視覚を多く使う動物で、脳の広い領野が視覚に割り当てられています。その視覚を失うというのは想像を絶する苦痛でしょうね〜。ましてこれから最も好奇心旺盛で多感な時期でしょうから…think

今後の音楽教育について、後天的に視覚を失ったということなので、今までの人生の中で得た視覚経験を有効に使うというのも一つの手だと思います。

単に曲を耳で覚えて再現させるだけでなく、曲を聴いた後に様々な情景を想像させる(一緒に話しながら想像を膨らませていく)というのはどうでしょうか。
本当にその曲の意味に合っていなくてもいいので、何かイメージを作り、その子供が想像できる範囲の言葉を使って、できるだけ具体的に想像できるようにすることで、曲のイメージと擬似的な視覚経験が融合し、より豊かな経験ができるんじゃないかなと思います。

そして、もし何かいい教え方を考えたけど本当にそれで理解してもらえるか不安なときは、出来れば、誰か他の人にまず目をつぶってもらって、試してみるといいと思います。

その子供の人生が楽しい人生になるといいですね、頑張ってくださいshine

投稿: atsushi | 2008.09.09 01時21分

❖ atsushi 様 ❖

わぁ~っ!御丁寧なコメントありがとうございました♪とっても嬉しいです!
曲を聴いた後に情景を想像させるというのは、良いですね~♪挑戦してみます。

それから、誰か他の人に試してみるというのも、思いつきませんでした!
atsushiさんのおっしゃるように、そのお子さんの人生が楽しいものとなるよう、頑張りたいと思います♪


投稿: 音と風 | 2008.09.10 13時17分

どうも、ボギーです!
私の勤めている学校には全盲のお子さんが一人います。彼もとても音楽が好きで、ビブラフォンやキーボードが得意です。特別に点字の音符を使っているわけではなく、通常のお子さんと一緒に音楽の授業を受けています。
彼のキーボードを弾く姿は、スティービーワンダーによく似ています。

投稿: BOGEY | 2008.09.11 23時00分

❖ BOGEY 様 ❖

こんにちは~!コメントありがとうございました♪

ボギーさんの学校にも、全盲のお子さんがいらっしゃるのですね。
一緒の授業を受けていると伺い、チョコッと安心しました!

今日、全盲のお子さんに会ったのですが、点字の楽譜もあると聞き、そっかぁ~勉強しないと!!とちょっと焦っていたのです・・・。 (・・・でも勉強になるので、色々と知りたいなぁ~とは思っているのですが。)

表現しにくいことがあったり、困っていそうな時、すぐに気づくことができるような細やかな配慮が必要だなぁと感じています。
・・・が、とにかく楽しんで意欲的に取り組むことができるように、色々工夫して頑張りたいです♪

あ!ボギーさんのブログ、どんどん更新されていてすごいですね♪きちんと読んでから・・・と思うとなかなかコメントできず、すみません!
これからも楽しみに読ませて頂きたいと思います♪

投稿: 音と風 | 2008.09.12 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024733/23603405

この記事へのトラックバック一覧です: 全盲となったお子さんのために♪:

« 日本音楽療法学会にて♪ ~精神科領域~ | トップページ | 育療学会と音楽療法学会にて♪ ~高山先生のお話~ »