« 白内障のお子さんと♪ | トップページ | 自閉症児とのピアノレッスン♪ ~音取り~ »

がんの子どものトータルケア研究会♪

がんの子どものトータルケア研究会があり、参加してきました。ちょっと遠いかなぁと思っていましたが、思ったより近く参加して本当によかったなぁ・・・と思っています♪

今回は、NPO法人になって第1回目ということでしたが、小児在宅ケアのこと・終末期を迎えた患児への病気説明に対しての両親の迷い・緩和ケアについて・・・等など、本当に勉強になるお話が数多くありました。

何よりも印象的だったのは、お医者さんや看護士さん、お子さんを亡くされた保護者の皆様が、本当にこの対応で良かったのだろうか・・・と、その当時も今も、自問自答しながら現実と向かい合っている姿です。途中涙を浮かべながら、話を続けて下さった先生もいらっしゃいました。こういうお医者の先生がいらっしゃる事は、病気の子ども達にとっても、その御家族にとっても、本当に心強いことであると心の底から思います。

私のような者が参加して良いのかなぁ・・・と思いつつ、懇親会にも参加しましたが、ここでも色々と貴重なお話を伺うことができました。

ご高齢のあるお医者の先生には、小児がんの闘病(治療終了後も含め)には、他職種の人々の関わりが必要なので、是非色々と経験を積んで、我々を助けて欲しい・・・というコメントを頂いてしまいました。助けるというのは、恐れ多くて・・・到底無理だとは思うものの、こんなにも謙虚で柔軟なお考えをお持ちの先生がいらっしゃる事に、何だかビックリしてしまいました。お医者の先生というのは、いつもお忙しそうで、何となく話しかけにくいなぁと思っていたので・・・。良い意味で、ショックを受けたような気がします。

実を言うと、新幹線に一人で乗った事もなかったですし、風邪気味にも関わらず、懇親会ではつい食べ過ぎて、今日もまだ腹痛がおさまらない・・・・という有様ですが、やはり、じかにお話をきく事というのは、本当に大切なのだなぁ・・・と思いました。まだまだ・・・という事ばかりですが、これからも少しずつ頑張っていきたいと思います♪

|

« 白内障のお子さんと♪ | トップページ | 自閉症児とのピアノレッスン♪ ~音取り~ »

病気のこどもたちと」カテゴリの記事

コメント

人間って人から関心をもたれると嬉しいものですよね。

”治療をする”とか”異常の早期発見をする”とかよりも、人間と人間との関わりの方が患児さんが求めているものかもなぁ~。またそっちの方が、患児さんに力を与えたり、不安の軽減が出来たりできちゃうんだものね。

音と風さんの勉強会のレポート、いつも色んなヒントが詰まっていて読んでいて凄く刺激されます。
これからもレポート、楽しみにしていますね。

投稿: miho | 2008.07.21 07時12分

❖ miho 様 ❖

こんにちは!コメントありがとうございました♪

レポートと書かれて何だかビックリです!そんなつもりはなかったのですが・・・。いつもつまらない内容ですみません!でもお読み頂いているとのこと、とっても嬉しいです♪

よく分かりませんが、どんな職種の人であっても、そのお子さんに対する深い思い・・・が、やっぱり一番なのかなぁと思います。それぞれの形があっていいのかなぁ・・・と。迷う事だらけではありますが。

そう言えば、mihoさんはもう、私のもう一つの職名はお分かりでしょうか?!結構バレバレみたいで・・・。以前、クイズみたいだから言わないで下さいとおっしゃっていたので、mihoさんにはまだ、お伝えしておりませんでしたが・・・。どうでしょう?

ところで、mihoさんも色々と頑張っていらっしゃいますね!実習中はやはり自問自答していく中で、色々な事を学ばれた方が良いのかなぁ・・・と思い、最近は敢えてコメントを控えさせて頂いていました。応援していますので、頑張ってください♪

投稿: 音と風 | 2008.07.22 11時57分

ピアノの先生ですか??
いまだに良く分かってないんですけどね。

今回の実習は凄く楽しかったぁ~
12日間、毎日患児さんと遊ぶだけの実習だったけど
一日一日患児さんの成長する姿を実感する事が出来
凄く面白かったです。

それに前回の実習では人生の終末を体験し
今回は人生の始まりを体験した訳で
人間の一生を濃縮して見せてもらった感じです。

今回の実習で私も子どもが欲しくなりました。

投稿: miho | 2008.07.24 17時32分

❖ miho 様 ❖

はい!ピアノはもちろん教えております・・・。
ピアノ以外の・・・と思って書いたんですが、え~、聞きたくなったら聞いて下さ~い♪

実習本当にお疲れ様でした!!
優だったそうで、すごいですね~♪
これからも頑張ってくださいね。

投稿: 音と風 | 2008.07.24 23時07分

養護学校の先生??
幅広く勉強されているので、いろんな職種が思いつく
んですけど・・・
教えてくださいっ!!!

今回の病院は小児科が他科との混合病棟だったので
院内学級とかがなく、それに急性期の患児さんばかりで
3日4日で退院していかれるんですよねぇ~
(私の受持った患児さんだけ長期入院だったんだけど)

なかなか小児科特有の職種の方にお会いする事なく
終わって行ってしまいました。

今回の実習はとにかく”患児さんと仲良くなる”のか
目的だった所もあり、小児看護のさわりをちょっと
体験させてもらった感じ。
でも良い体験させてもらいました。

投稿: miho | 2008.07.25 04時59分

❖ miho 様 ❖

ピンポ~ン♪ ほぼ正解です!
院内学級で音楽の時間講師をしています・・・。
ほぼと書いたのは、専任ではないので・・・。

院内学級は、養護学校(今年の4月から特別支援学校の名称が変わりました。)の分校になるんですよね~。

毎日通っている訳ではないので、なかなか他職種の方々と接する機会が少ないのですが、今年の2月に参加した小児がんに関するセミナーで看護士さん達とお昼をご一緒させて頂き、以前より話しやすくなったかなぁ~と思っています。

チャイルドスペシャリストの方の事例発表なども参加していたら、チョコッと情報交換できるようになりました。とっても嬉しいなぁと思っています。
大したことではないかもしれませんが、お互い情報交換をしていくことが、病気の子どもたちのためになっていくのかな・・・と思うので。

まだまだ分からないことだらけですが、看護士さんのお仕事ぶりは、本当にすごいなぁといつも思っています。やっぱり素晴らしいですよね♪

投稿: 音と風 | 2008.07.25 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024733/22435275

この記事へのトラックバック一覧です: がんの子どものトータルケア研究会♪:

« 白内障のお子さんと♪ | トップページ | 自閉症児とのピアノレッスン♪ ~音取り~ »