« 絵本に曲をつけました♪ | トップページ | 音楽療法♪ ~松井 紀和先生~ »

やっぱりショックでした・・・。  ~50円の鉛筆~

むか~し、小学生(低学年)のお子さんが亡くなった直後、その場に立ち会った事があります。小さな身体は、治療のせいか、全身が青紫の斑点だらけでした。とてもショックを受けているはずなのに、涙も出ず、 お医者の先生も涙を流すのだな・・・とか妙に落ち着いた自分がいて、何と言うか、それは、今までに経験した事のない、自分に違和感を感じるような感覚でした。

そのお子さんが気に入っていたキャラクターがあったので、亡くなる2週間ほど前に、そのキャラクターの鉛筆を買ってきました。喜ぶだろうなぁ・・・と思って準備したものの、むやみに物をあげるのはよくない気がして、その日持っていくのはやめました。でも、しばらくして、やっぱりいいかな と思い、持っていったのですが、私の到着前に亡くなり、生きているその子に鉛筆をあげることはできませんでした。

たった50円の鉛筆で、笑顔をみせて喜んでくれるのなら、迷わず持っていくべきだったなぁ・・・と、心の底から思いました。

家に帰ってしばらくすると、止まらないのではないかというくらい 涙が溢れ出てきました。それから1週間くらい、何となく身体の調子が今ひとつ よくなかったのを覚えています。後で気づきましたが、やはり大きなショックを受けていたみたいです。もちろん、御家族の方々に比べたら、私のショックは、ほんの小さな小さなものにすぎないとは思いますが・・・。

それでも人間というのは、不思議と 回復するものですね。悲しい事などがあっても、自分に合わせて何かが変化するわけではなく、景色も周りもそのままで、日常というものが、妙に冷たく感じる瞬間もあったりしますが、逆に時間が経ってくると、その変わらないでいてくれる日常というものが、すごくありがたいなぁ と感じる事があるのですよね。(私だけかもしれませんが・・・。)

病気の子どもたちは、色々な恐怖やストレス、寂しさや不安をかかえながら日々過ごしています。そういう中でがんばっている 子どもたちのために、何かチョコッとでもいいから、役に立つ事が出来たらいいなぁと思います♪

|

« 絵本に曲をつけました♪ | トップページ | 音楽療法♪ ~松井 紀和先生~ »

病気のこどもたちと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1024733/20583265

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりショックでした・・・。  ~50円の鉛筆~:

« 絵本に曲をつけました♪ | トップページ | 音楽療法♪ ~松井 紀和先生~ »